2433966
ぺこの植物写真・掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索+写真] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名
Captcha: 下の画像の文字を読み取ってください:

ここに画像の文字を入力してください:
コメント
URL
添付File
パスワード (英数字で8文字以内)
文字色

まてばしい Lithocalpus edulis 投稿者:ぺこ 投稿日:2003/09/07(Sun) 19:03 No.278  
今年は絶対食べてやる!と決心して様子を窺っているのが「マテバシイ」晒して食べると思っていたら、煎ってOKらしい。
おいしいという説もあり、謎だけど食べてみます!

http://www.ne.jp/asahi/osaka/100ju/matebasii.htm



Re: まてばしい Lithocalpus ed... 石川為丸 - 2004/01/02(Fri) 00:33 No.1032   HomePage

植物写真集で楽しませてもらっています。
ところで、マテバシイは食べてみましたか?
わしは大和にいたころ、近所にこの樹があったので、早朝の散歩がてらに拾って、食べてみたことがありました。
釜飯の空容器に入れてふたをして、火にかける。破裂音がしたところで火を止めて、中味に塩を少しまぶして食べる。これは、もう一回食べてみようというほどのものでもありませんでしたな。



Re: まてばしい Lithocalpus ed... d(゜ο゜)b ゲッツ!ぺこ - 2004/01/02(Fri) 21:41 No.1034  

ぅ。気が付くのが遅かったのか、目をつけていた木に実はなく、どうしちゃったんだろうというくらいでした。ドングリの不作は山の生物の生存条件にすぐにかかわるのでしょうが、里では気楽なものです。この暖冬は鳥や獣などの生存に、どう影響しているかは分りませんが、子猫の数が多いような気がするのは、暖冬のせいかもしれないと思ったりしています。秋に生まれる子猫は冬の寒さをなかなか越せないと母に聞きました。
ノルディック・スキーも楽しいのですが体力がない。



為丸方式の「さねかずら」 投稿者:d(゜ο゜)b ゲッツ!ぺこ 投稿日:2003/12/31(Wed) 11:55 No.1026  

ペットボトルを上から覗いたところです。葉が付きすぎですね。通水がよいので、下に受け皿・・・・なんと印判の・・・を敷いています。かなりな空中湿度が、保たれるという感じですね。

「赤球ください」と花屋で言ったら、10キロ単位でした。('O'*) 土を置いている花屋も案外少ないかった。
ホームセンターに行けばよかったということです。
為丸先生、引き続きご指導を。



Re: 為丸方式の「さねかずら」 為丸 - 2003/12/31(Wed) 19:52 No.1028   HomePage

あとはこのままほっといて、ただ待つだけです。
葉っぱが落ちたら、腐る前に、ペットボトルを開いて、取り出したほうがよさそうです。経過報告、またいつかお願いしますね。



御礼 投稿者:久保寛容 投稿日:2003/12/31(Wed) 13:20 No.1027   HomePage
本年はお世話になりました。ありがとうございました。
(美しい写真に割り込む書き込みになって申し訳ないです。)
2004年もぺこさんの花々とお話を楽しみにしております。
これからもなにとぞ宜しくお願い致します。

d(゜ο゜)b →1回転して→d(゜ο゜)b



パフィオ・ペディラム (自家製... 投稿者:d(゜ο゜)b ゲッツ!ぺこ 投稿日:2003/12/31(Wed) 11:47 No.1025  

ギリシャ語のパフィオスという女神の聖地名と、ラテン語のペディラム(スリッパ)という意味。最近はたんなる女性のスリッパという意味に解されているようです。
これは10年以上前の母の日にあげたもの。母はあまり気に入らなかったように見えたものの、現在は株が増えているのです。母が一時通っていた江尻 光一さんのところでは、この蘭はなぜか男性が好んだたと聞きました。

横にあるのは「為丸方式」のペットボトルです。



サボテンのギモン。 投稿者:d(゜ο゜)b ゲッツ!ぺこ 投稿日:2003/12/30(Tue) 22:26 No.1022  

病院には花屋がつきもので、待ち時間には花屋に行く習慣に
なってしまった。清水さんがサボテンが好きらしいので、その手のものの名をあまり知らないわたしは、つい店員に聞いてしまう。ここのところ二度聞いたがアルバイトなのだろうか、二度とも「カクタス」と言われた。それは実も蓋もないと思っていたら、ことはもう少々複雑なので下に牧野博士の文章を一部転載します。

「世人は一般にサボテンとはカクタス(cactus)類の総名だと思っているが、それは確かに間違いであって、サボテンは決してその総名ではなく、これは特にカクタス中のある一種に限定せられた名称である。それ故私はカクタス類を単称のサボテンで呼んでいる人をみると、アーあの人もまだよくサボテンの名を解し得ない人だと何時でもすぐ感ずる。然ればカクタスは何と云ったら好いかと云うに、それは訳のないことでサボテン類といったら無難である。
 サボテンはカクタスの中のある一種に始めつけた名であるから、この名はただその一種のものに限定せられたものである。その一種とは何かと云うとそれは
Opuntia Ficus-indiea, L.var Saboten, Makino.
である。すなわちこの種以外にサボテンと称する植物は絶対にない。
 サボテンとは元来どうした意味の名であるのか。すなわちこれはもとサボン、すなわちシャボン(石鹸)からきたと言われている名で、この植物がはじめて我が日本に渡来したとき(この時はまだ他の品種は来なかった)、その多肉な茎を切って、畳などに油がつきシャツなどに油垢がついたときこれをなすってみたら締麗にとれた。そこでシャボンがよく物の汚れをおとすことに似ているので、その時分の人がはじめてこれをサボテンと語尾を妙に変化させて呼んだのである。」(植物集説下) 

カクタス・・・エッセイはすべて整理してしまったが、やはり牧野は面白い。後悔しきりの日々であります。



Re: サボテンのギモン。 shimirin - 2003/12/30(Tue) 23:25 No.1024   HomePage

これもその次のも鉢植えで育てたことがあります。
もともとどんな種でも、乾燥して苛酷な環境だと、多肉化する、ということでカクタスもその一種、ということの「感じ」がします。
だから、思ってもみない科の多肉植物がありますね。あ、キク科のとか(^^。
サボテンの名の由来は知りませんでした、なるほど。



サボテン・・・・続 投稿者:d(゜ο゜)b ゲッツ!ぺこ 投稿日:2003/12/30(Tue) 22:36 No.1023  

「正品のサボテンの渡来については、牧野氏はこれが寛永6年(1629)刊の筑前の貝原益軒著『大和本草』に所載されているので、覚永年聞に渡来したのだろうと述べている。寛永というのは徳川家光の頃で、その渡来の経路に関しては、多分大西洋中のマディラ諸島から渡ったもので、オランダまたはポルトガルの船が薪水補給のためにマディラ島に寄港し、メキシコから伝来してすでに島の帰化植物となっていたサボテンを舶載して、日本の長崎に持ってきたものだろうというのが牧野氏の意見だ。 」
牧野植物図鑑にどうどうと載っているのは、ただ一種だというわけがわかる。



まんりょう 投稿者:d(゜ο゜)b ゲッツ!ぺこ 投稿日:2003/12/30(Tue) 09:38 No.1011  

マンリョウ。
センリョウは売っているが、マンリョウは自宅で栽培というのが増えている。逆にヤブコウジなどは見なくなった。ちょっとバブルかも(笑)



Re: まんりょう 冨澤 - 2003/12/30(Tue) 13:59 No.1012  

大好き。実家では天王山の鳥が運んできてくれました。


Re: 大きなタブの木 d(゜ο゜)b ゲッツ!ぺこ - 2003/12/30(Tue) 21:24 No.1021  

そうですね。夏は虫媒花。
秋、冬は鳥がおおいみたい。鳥の消化器官は、見かけによらず硬い実も食べますね。

このタブの木は、15メートルくらいある大きな木です。葉が落ちて、坂道からいくらか写真に納まるようになりましたが、幹の二股のところに(左隅にちょっと拡大してあります)棕櫚が植わってるのです。ここに種を植えた犯人は、鳥・・・・。



バラ譜から (Redoute) 投稿者:d(゜ο゜)b ゲッツ!ぺこ 投稿日:2003/12/30(Tue) 20:50 No.1020  

日本でも江戸時代に貴族が花見をするたった一日のために、牡丹を栽培したというのを読んだことがあるけれど、フランス革命のなかでもバラの画を描いていたなんて、なんて素敵なんだろう・・・と思います。
棘はやはり、鋭いですね。



バラ 投稿者:d(゜ο゜)b ゲッツ!ぺこ 投稿日:2003/12/30(Tue) 20:37 No.1019  

バラの写真はなかなか難しいと思って撮らなかったのに、年末になって少しずつ挑戦しだしたのはこのバラを見てからです。
このバラは、今までみたバラと違った印象でした。写真には写っていませんが、棘が多いのです。鋭い棘があってバランスがいい。(障害物があって写せませんでした)ルドウテの画にも似て見えたのです。



ごんずい 投稿者:d(゜ο゜)b ゲッツ!ぺこ 投稿日:2003/12/30(Tue) 17:48 No.1016  

秋から実っていて、望遠でも撮れず写真を諦めていた「ごんずい」、とうとう地に落ちてきました。
さかなの「ごんずい」と、役にたたない木だということで共通するという意が転じたというのは牧野植物図鑑から。



Re: ごんずい shimirin - 2003/12/30(Tue) 19:46 No.1018   HomePage

魚のごんずい、と共通する意からですか。ごんずいはナマズのようで、毒針をもっているんですよね。ごんずいが群れているのを泳いでいるときに見かけたことがあります。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386] [387] [388] [389] [390] [391] [392] [393] [394] [395] [396] [397] [398] [399] [400] [401] [402] [403] [404] [405] [406] [407] [408] [409] [410] [411] [412] [413] [414] [415] [416] [417] [418] [419] [420] [421] [422] [423] [424] [425] [426] [427] [428] [429] [430] [431] [432] [433] [434] [435] [436] [437] [438] [439] [440] [441] [442] [443] [444] [445] [446] [447] [448] [449] [450] [451] [452] [453] [454] [455] [456] [457] [458] [459] [460] [461] [462] [463] [464] [465] [466] [467] [468] [469] [470] [471] [472] [473] [474] [475] [476] [477] [478] [479] [480] [481] [482] [483] [484] [485] [486] [487] [488] [489] [490] [491] [492] [493] [494] [495] [496] [497] [498] [499] [500] [501] [502] [503] [504] [505] [506] [507] [508] [509] [510] [511] [512] [513] [514] [515] [516] [517] [518] [519] [520] [521] [522] [523] [524] [525] [526] [527] [528] [529] [530] [531] [532] [533] [534] [535] [536] [537] [538] [539] [540] [541] [542] [543] [544] [545] [546] [547] [548] [549] [550] [551]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Joyful Note -