2446232
ぺこの植物写真・掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索+写真] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名
Captcha: 下の画像の文字を読み取ってください:

ここに画像の文字を入力してください:
コメント
URL
添付File
パスワード (英数字で8文字以内)
文字色

花を貰う。続 投稿者:d(゜ο゜)b ゲッツ!ぺこ 投稿日:2004/01/27(Tue) 17:52 No.1243  

というわけで、つばきの入った袋をそろそろと持ち、いつも持っているちりめんの布袋(ボルビック2本、予備バッテリーなどが入っている)と一緒に感動の覚めやらぬまま歩いていた。
すると、犬が吠える。
見るとその家の庭は、サクラソウでいっぱいだった。そして再び門から写真を撮ろうとしたら、奥方らしき人物登場。「写真撮るならもっと入ってきて、洗濯物は撮らないで」。聞けば昨日房総のお花畑で、安く花を買い今や家中花だらけになっているという。仏壇に飾り床の間に飾り庭にも飾ってまだあまる。一本60円のストック。

サクラソウは100鉢あるのだそうで、自慢とともに一鉢貰った。
迫力に負けた(汗)



Re: 花を貰う。続 清水鱗造 - 2004/01/27(Tue) 23:44 No.1248   HomePage

ストックもいいですよね。
切花!って感じがしますし、うっとりします。
千倉あたりから出荷されてきたのだろうか。



さくらそう100鉢の庭。 投稿者:d(゜ο゜)b ゲッツ!ぺこ 投稿日:2004/01/27(Tue) 18:39 No.1244  

左側が門。右が入ってすぐのところ。こういう感じでサクラソウが並ぶ。カレージの柱や自転車のスポークにまで吊るしていて、さらに道路を隔て反対側にもある。本人も、やや興奮気味のようであった。



花を貰う。 投稿者:d(゜ο゜)b ゲッツ!ぺこ 投稿日:2004/01/27(Tue) 17:21 No.1242  

カメラを持ち、今日も珍しいつばきのある生垣に行く。一種類だけ違った風合いに撮れていて気に食わなかった。下手だからたくさん玉をつかえばいいのだ。(しかし、今日で4日だ 笑)
主に断らなくても生垣ならいいだろうということで、奥の方の花をごそごそやっていたのが気になったのか、主登場とあいなった。「切りましょうか?」思いもしない問いかけに、自分の顔が輝いたと思う。「去年も来て・・・・。」口ごもったら「スケッチする方なんかもいるんですよ」との答だった。
「どれを切ります?」どきどき。

お礼を言い袋に入れてくれたつばきを、ちょっと先の橋の真ん中で確認しシャッターを切ったのがこれ。

橋のまんなかに意味はない。ペットボトルが足りない。(笑)



今日の一枚・・・つばき 投稿者:pecod(゜ο゜)b ゲッツ! 投稿日:2004/01/26(Mon) 19:50 No.1228  

どこで撮ったのか記憶にない(おいおい)。さまになるかなと思えたのがこの写真。どうでしょうか?。



Re: 今日の一枚・・・つばき shimirin - 2004/01/26(Mon) 20:54 No.1231   HomePage

いい写真ですね。


Re: 今日の一枚・・・つばき pecod(゜ο゜)b ゲッツ! - 2004/01/27(Tue) 03:41 No.1239  

表紙を、綺麗に飾っていただいてありがとうございます。これを持ちましていよいよ精進する所存でございます・・・・なんちゃって。
でも、高級感がでてきましたね。
真吾ちゃんじゃないけど、おじいちゃんもおばあちゃんんも・・・・見てるHP目指したい。写真も上手くなりたい。
これからも宜しく。
稀覯本らしきものから引っ張り出した、アロエ江戸時代から日本にいたのかな?



為丸式ペットボトラー(爆) 投稿者:pecod(゜ο゜)b ゲッツ! 投稿日:2004/01/26(Mon) 15:51 No.1222  

貰ったツバキを、どんどん挿し木にしていった。みんながつくわけじゃないからと、いっぱいやった。
でも肝心なことは植えるところがない!このツバキたちが咲くまで、何年かかるのか。先に死んじゃうかも知れないな。爆)

見える木は頂いた「ジュズサンゴ」。元気がでないので昨日から屋内に入れた。昔流行って、近年人気がでてきているとなにかで読んだ。実がビーズのよう。



Re: 為丸式ペットボトラー。為丸... d(゜ο゜)b ゲッツ!ぺこ - 2004/01/27(Tue) 03:29 No.1238  

あ、最近ペット・ボトルが不足していまして、朝そそそっと拾いに行くようになりました。
わたし、為丸化してないでしょうか?そういう疑問がふっと脳裏をよぎりました。称して「為丸族」。光栄なのかな(爆)
植物画も描くアボットのアゲハチョウ。最近、この人好き。
こういう画ってもはや快楽。





詫助・・・・有楽(うらく)また... 投稿者:pecod(゜ο゜)b ゲッツ! 投稿日:2004/01/27(Tue) 00:07 No.1234  

三度目の登場。
たくさんある花は、デジカメでは難しいと諦めた。ちょこっとあると撮れたりする。
まあ、茶花が満開っていうのもヘンかも知れない。



Re: 斬新な花屋の悋気('o') pecod(゜ο゜)b ゲッツ! - 2004/01/27(Tue) 01:13 No.1235  

駅のコンコースの花屋二件を追い出して○山フラワー・ショップという小奇麗な店ができた。通勤帰りのサラリーマンが立ち寄ったりしているのを、不思議な気持ちで見ている。花屋の需要を、男性にまで向けるとは見上げたものだと思う。これまでの生活臭い花は減って、秋からワタの実やヒオウギの種、アマリリスの花など「おお!」と叫びたくなるようなものもある。しかも男性向け(失礼)なのか花束がかなりある。ぶきっちょな手で生けなくてもいいのは、わたしにとっても魅力だといえないこともない。もちろん一束の値段はそれなり。
先日は、そこでアマリリスを買おうとした。牧野先生が描いたアマリリスの絵はすごく立派で、しかもカラーも忠実だから初対面の時は感動したものだった。
しかし、まてよ。アマリリス一本をどう生けるのだ?躊躇しつつカメラを向けて写真を撮った。花が引き立つような薄暗いライティングの中を、フラッシュが光った。

「写真は本社で許可を得てならいいのですが・・・」寄ってきた若い店員が言った。

アマリリスは近所の花屋で買った。一本の値段が半値その分、別のものを買った。
ことを是々非々でとらえようとしても、もうこれには見下げ果ててしまった。そういえば病院の近くで枝モノの花を買ったときも、ばさばさ切って短くされてしまったことがある。それを思い出すと一緒に腹がたってきた。わたしは花屋以上に悋気だから、ばさばさ枝や蕾をおとすのを好まない。

写真は1851年第一回ロンドン万博の時の温室。徳川慶喜、澁澤栄一などが行きました。



1819年刊行。London。ヨーロッパ... 投稿者:pecod(゜ο゜)b ゲッツ! 投稿日:2004/01/26(Mon) 21:10 No.1233  

詳しいことは分りませんが、椿の品種改良は江戸時代にかなり完成されていて、今の椿にかなり似ていると思います。
この絵はわたしから見ても、かなりいい雰囲気だと思います。これ以降に描かれた椿も、妙にぼてっとしていて(多分バラの)ビロード風の椿の絵があります。椿は枝が短く、花が大きいのをわたしたちは微妙に美しく見ているのだと思います。

1819年刊行。London。ヨーロッパで刊行された最初の椿の本です。



椿 渡欧す。 投稿者:pecod(゜ο゜)b ゲッツ! 投稿日:2004/01/26(Mon) 20:56 No.1232  

シーボルトが、自分で描いたツバキの絵があります。何枚もあるのでしょうが、わたしの見たのはごくわずか。こんなにバリエーションがあって、ヨーロッパに伝わってるとは思いませんでした。センセーショナルだったのでしょうね。
どんな興味を持って、描かれたかを思うとゾクゾクします。



The Greatest of Camellia Books... 投稿者:pecod(゜ο゜)b ゲッツ! 投稿日:2004/01/26(Mon) 20:47 No.1229  

Samuel Curtis, 1779-1860サミュエル・カーティスはウイリアム・カーティスの息子です。椿はシーボルトがヨーロッパに持って行きました。だからだと思いますが、絵は割合少ないようです。これは、澁澤龍彦の「フローラ逍遥」の表紙になった図です。色合いが少し違いますね。何枚か似たものを紹介します。



陽射しが明るい・・・・紅梅 投稿者:pecod(゜ο゜)b ゲッツ! 投稿日:2004/01/26(Mon) 17:00 No.1225  

少し、逆光。冬の陽射しは嬉しい。



Re: 陽射しが明るい・・・・紅梅 ryoo - 2004/01/26(Mon) 18:00 No.1227   HomePage

ペコさん、今晩は。
満開のコウバイには、冬の柔らかい陽射しがお似合いです。


カワズザクラ 2004.1.26 井の頭公園
咲き始めました。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386] [387] [388] [389] [390] [391] [392] [393] [394] [395] [396] [397] [398] [399] [400] [401] [402] [403] [404] [405] [406] [407] [408] [409] [410] [411] [412] [413] [414] [415] [416] [417] [418] [419] [420] [421] [422] [423] [424] [425] [426] [427] [428] [429] [430] [431] [432] [433] [434] [435] [436] [437] [438] [439] [440] [441] [442] [443] [444] [445] [446] [447] [448] [449] [450] [451] [452] [453] [454] [455] [456] [457] [458] [459] [460] [461] [462] [463] [464] [465] [466] [467] [468] [469] [470] [471] [472] [473] [474] [475] [476] [477] [478] [479] [480] [481] [482] [483] [484] [485] [486] [487] [488] [489] [490] [491] [492] [493] [494] [495] [496] [497] [498] [499] [500] [501] [502] [503] [504] [505] [506] [507] [508] [509] [510] [511] [512] [513] [514] [515] [516] [517] [518] [519] [520] [521] [522] [523] [524] [525] [526] [527] [528] [529] [530] [531] [532] [533] [534] [535] [536] [537] [538] [539] [540] [541] [542] [543] [544] [545] [546] [547] [548] [549] [550] [551]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Joyful Note -