植物地誌

関 富士子

マクワウリ

果実は円柱状、楕円体、果皮は緑色で縦の縞模様がある。果皮の白いものや黄色いものもある。インド地方の野生種が中国のカケスについばまれ、朝鮮のツルについばまれた。二千年後、屋敷の中庭に金瓜売りがやって来る、たくさんの虻をつれて、甘い汁を滴らせて。人々が群がる、スプーンをかざして。金瓜にスプーンを突き立てる。舌がひりつくまでほおばるたくさんのキリギリスの顎。その咀嚼の音を聞きつけて、あなたのベッドから垂れ下がる腕。指先が床をはいまわって、夕べ落としたスプーンを探す。唾に輝いていたスプーン。新しいほこりの粒子が、横たわる人の全身を覆う。



(2004/09/28 11:57)


前ページ     次ページ

「風の街」目次に戻るHaizara net(top page)Shimirin's HomePageUrokocitySiteMap