眠れない夜は


眠れない夜は 僕とお話しよう

きみと出会うまえの 僕のことを話そう
僕の両親のこと 僕の兄弟のこと
僕の愛犬のことを
僕がすごした小学校の頃のやんちゃなこと 
中学校の頃の生意気なこと 
高校の頃の好きだった女のコのこと 
大学の頃のサークルや悪友なんかのこと
そして 僕が社会人になってからのことを

眠れない夜は 僕とお話しよう
きみがまだ行ったことのない
僕が旅した きみの知らない国のことを話そう
旅の失敗とか すばらしかったこととか
僕が感動した場所とか 
僕が好きな 
映画とか音楽とか絵画について話そう
僕が 今まで どんなふうに生きてきたのか
いいことも悪いことも
僕についてのすべてのことを
きみに話そう

きみは聞いてくれるかい?
星空の下で 
時には星座の話をまじえながら
僕はぼく自身のことをきみに話すよ
きみの瞳の中に 僕の姿が映るよ

それから 
僕の話がすっかり終わったら
こんどは きみの話が聞きたいんだ
僕らが出会うまえの
僕が知らない きみのことを
僕が話したみたいに
きみの話を 聞きたいんだ

眠れない夜は いつでも呼んでね
僕らはきっと 眠らないで 朝まで語るんだ
ときには きみの好きな
バッカスチョコやいちごなんかを抱えて サ
流れ星に乗って
きみの窓辺に話に行くよ

(2004・12・23、パソコンから消えた詩
  を起こしてみる)


前ページ     次ページ


ふくやま薔薇しゃ 目次に戻るHaizara net(top page)Shimirin's HomePageUrokocitySiteMap