初対面・午後12時の仙酔島へ
2001・晩夏

  舟に乗る 私はひとり
  むせかえるような
  磯の香りのしみついた
  潮風にいだかれて 急ぎ足
  駆け足で去ってゆく夏の中を
  忘れかけていた
  まぶしいほどの
  出会いを求めて

(夏の忘れ物・鞆ノ浦からの伝言)



     次ページ


ふくやま薔薇しゃ 目次に戻るHaizara net(top page)Shimirin's HomePageUrokocitySiteMap