[HOME]

雑記録


2018年5月

2018/5/26(sat)
メタボ解消

 内臓脂肪も基準値内に収まった。この調子でいけば、いい感じの体調になるかも知れない。食べる種類を変えただけなので、腹が減り過ぎることもないし。
 朝、原稿。 
 今日もメインは薪の片づけ。半端薪の置場を足場と東京から持ってきたフェンスでつくって、その中に端材薪を放り込んだ。ようやく、春のまきつくり終了。まだちょっとごたついているけれども。
 小川さん来る。昨日持って行ったカーペットタイルが足りなかったそうだ。
 夕方、ひと眠り。
 夜、秋吉さんと酒巻さんが、タイ焼きを買ってきてくれたので、談話タイムとする。

2018/5/25(fri)
我流食事療法開始

 理想的な血をしてますと医師に言われたときの食事を復活させることにした。手遅れかも知れないが、これが最善と思う。
 土台の刻みを間違えていたことに気づく。間違えたせいで、土台を横にして設置しなければいけなくなった。当然、強度が落ちる。材の買い直し、刻み直しは気が思過ぎるので、横置きでやってみることにする。しかし、有利な面もあるので、悪くないかも知れない。強度も、束石を追加すれば、大丈夫だろう。
 

2018/5/24(thu)
釧路へ

 朝、早起きして日赤病院へ。腎臓の問題だが、とりあえず内科に案内される。今日は先生が少ないそうで診断が進まず、後日に予約を入れてくれる。血液検査とCTだけを撮って帰る。
 これ以上、腎臓が壊れるとまずいので、ここは素直に治療と向き合わないといけない。
 昼食の後、刻み。仕事の優先順位をつけて、雑仕事は極力しないようにする。主屋優先。
 夕方、河村さんがきて、久しぶりに珈琲タイム。
 

2018/5/23(wed)
足場組立てなど

 とりあえず組んでおいて、薪入れに使うか、端材置場にするか、あとで考える。ついでに薪割り少々。
 午後、健康診断の結果を聞きに福祉センターへ。保健師さんが説明会の前に、個別にわたしの問題を説明してくれた。
 終わってから、酒巻さんに頼まれていて忘れた郵便受けの設置をしに行く。井伊さんも来ていた。秋吉さんとこの頼まれ仕事を無事、終えたそうだ。
 昼前ばたばたしていて、生協を忘れたので、夕方、標茶まで取りにいく。 
 帰ってきて、足場仕事のつづき。卵を岡田さんに届けて、畑の話をしていたら、今晩から雨になるというので、慌てて戻って、ベニヤの片づけをする。
 まだまだごちゃごちゃと散らかっていて、整理しきれない。刻みを先に終わらせなければ。しかし、雑仕事が多い。

2018/5/22(tue)
中標津へ

 斎藤さんが足場などをくれるというので、もらいに行く。二往復。荷台がずっしり。積みきれなかったので、残りは後日また。
 荷物を下ろして、小川さんのところへ。テーブルを積んで、酒巻さんたちの新しい蒸留所になる家へ。伊井さんも来ていて、四人でうりむうで夕食。またしてもごちそうになる。
 本当は郵便受けの設置を頼まれていたのだが、すっかり忘れている。忘れるから言ってくれるように、とお願いしていた酒巻さんが言い忘れたので、どちらの過失になるのだろうか。
 

2018/5/21(mon)
バーベキュー

 小川さんがケーキを買ってきてくれる。酒巻さんがパンを持ってきてくれる。酒巻さんが、まみさんのパンを買いたいそうで、連絡を頼まれる。ここで連絡してしまおう。
 午後、釧路へ。55ミリのチェンソーやすりのガイドを買う。
 斎藤さんから電話。足場をあげるというので、明日、行ってみることにした。動き回っていて、また落ち着きをなくしている。
 
 

2018/5/20(sun)
刻み再開

 刻みに入る前に、組んでみた。平らがうまく出ていないのに気づいて、修正。
 少し上達したような気がする。
 3時、河村さんとこで競馬観戦。オークス。当たらず。
 帰って、また刻み。
 夜、買い物に。

2018/5/19(sat)
鹿肉カレーをつくる

 義明ちゃんからもらった、秘蔵の鹿肉を解凍して、昨日、カレーをつくった。解凍したらあまりにもおいしそうだったので、半分は、焼いて塩をふって食べた。あと半分は予定どおり、カレーに。残りのブロックはひきつづき、秘蔵する。
 種まき。昨日、今日と、種まきの日とする。カッコウが鳴いているので。

2018/5/17(thu)
釧路へ

 病院。血圧が170以上あった。普段、120くらいなので、原因が分からず。前回もそれくらいあった。診察の直前にもう一回測ったら、149になっていた。先生は、ふだん測っていれば、病院で測らなくていいですよ、と言ってくれた。病院で測るのがストレスになっている。
 破傷風の3回目の注射をしてもらう。終了。
 早く終わったので、ふたばを病院に連れて行こうと思って、急いで帰ったが、ふたばの具合がよくなっているように見えたので、病院はやめにする。
 大豆などの種まき、水やりをする。
 小川さん来る。
 

2018/5/16(wed)
味噌をつくる

 生協へ。ガソリンを入れ、味噌づくりの樽などを買う。生協の佐藤さんは、ふたりで1年分、3キロを仕込むという。わたしは4キロ用意したので、煮るのが大変だった。来年は、1キロ単位で何日かに分けてつくることを考えた方がいいかも知れない。
 少し固めかな、という感じに仕上がった。
 引き続き、珈琲を煎る。
 夕べ夜中に、ふたばがシロに襲われたみたいで、腰の様子が変だ。落ちて打撲なのかも知れない。太ってきているので。 

2018/5/15(tue)
材木整理

 整理しているうちに、ずいぶん安い買い物だったなあ、と思った。
 ラワンの厚板も、楽しみ。垂木も思ったより本数がある。
 シートをかけて仮置きだが、いちおう整理がついた。
 なかなか刻みに進めず。
 ゲラは、ほぼ終了。

2018/5/14(mon)
中標津へ

 斎藤さんから電話。材木いるかい?さっそく見に行く。友人の大工さんのところで整理したがっているのを、適度より少し高めの値段で買い取った。釘打ち機や、単管なんとかという、足場を組む台などもつけてくれた。
 明後日に届けてくれると言っていたのだが、夕方、さっそくユニックで届けてくれた。明日は、整理が大変。
 しいたけが育っている。
 

2018/5/13(sun)
踏板終了

 立ち上がり部分は、簡単なので、後日。
 3時、河村さんとこで競馬観戦。当たらず。4時、畑仕事をする。ビニールを敷いて、種を蒔いてみた。地温確保のため。今年は、大豆も早めに蒔こうと思う。去年は、ぎりぎりで、いい種が採れなかったので。
 明日から刻みに戻れるはずだが、相変わらず、あれこれ作業も多い。種の問題が、重要課題になっている。
 

2018/5/12(sat)
踏板つくり

 現場に持って行って、丸太を埋めて、板を乗せて、ほぼ完成したのだが、少し高い。明日、低く調整しないといけない。削り方でまた少し頭を悩ませる。失敗したら、最初からやり直さないといけないので。
 小川さんくる。
 明後日から、刻みに集中したい。

2018/5/11(fri)
踏板つくり

 玄関先の踏板を剥がしたら、蟻が巣をつくっていた。酒巻さんも来て、打ち合わせ。車庫の工事の業者は来週入るようだ。電話で直接話して、砕石をもらうことにした。砕石をはがして基礎を打つので、向うにとっても丁度よかったようだ。
 丸太を埋めるための穴掘り。
 丸太を寸法に切ったり、ウッドロングエコを塗ったり、板を加工したり、わたしの作業場と行ったり来たり。
 夜、半田さんから電話。釧路に出たついでに、晩飯のおかずを買ってきてくれた。
 

2018/5/10(thu)
山へ

 行者ニンニクを採りに。新しい場所を発見。いっぱいあったけど、紛らわしいのが一緒に生えていたので、警戒。大丈夫と思うけど。
 午後、作業小屋の片づけをして、薪割りを少しして、薪積みを少しする。小雨が降ったりやんだり。
 夕方から、土間の部屋を片付け。ストーブを焚くと、暖かい。

山へ

 行者ニンニクを採りに。新しい場所を発見。いっぱいあったけど、紛らわしいのが一緒に生えていたので、警戒。大丈夫と思うけど。
 午後、作業小屋の片づけをして、薪割りを少しして、薪積みを少しする。小雨が降ったりやんだり。
 夕方から、土間の部屋を片付け。ストーブを焚くと、暖かい。

2018/5/9(wed)
薪かたづけ

 割った薪を片づけないといけないので、とりあえず薪小屋に積む。
 午後、冬樹さんが来て、単管の細いのを切ってあげる。丸太の輪切りに、刻み目を入れるのも頼まれる。これはチェンソーで。
 そのあと、河村さんの冷蔵庫を別荘まで運ぶ仕事。すぐに帰ってきて、薪片づけ。あと一日やれば、きれいになると思うが、半端薪の置き場所がまだ決まっていない。
 あと数日で、刻みに戻れるか。あいだに、味噌作りもしないといけない。一日も早く宮大工に戻りたいところ。
 

2018/5/8(tue)
阿寒へ

 牛糞堆肥をもらってくる。1年ぶり以上で、三田さんたちと会う。渡辺さんと三田奥さんが、牛糞を袋に詰めるのを手伝ってくれた。
 昼を一緒に食べる。三田さんが外出から帰ってきて、合流。ネギの苗、ラッキョウの苗、畑わさび、ゴボウ、などを貰う。屋根がかかったら見に行くからね、と三人に言われる。
 帰って、苗の植え付けをする。堆肥をすき込みながら。しかし、今晩は0度くらいに下がっているので、苗が心配。 
 畑に、ニンジン、ゴボウが芽を出していた。去年の生き残り。人参の種がとれるといいのだが。

2018/5/7(mon)
山へ

 枝薪を短く切って運ぶ。今日は伐倒はしなかった。木を倒し過ぎると、道が崩れる恐れがあるので、木を眺めて考える。ひこばえを生やして、根を生かしておけば大丈夫だと思うので、これからは伐り方に配慮。
 薪割り。今回の薪つくりはあと二日ほどで終了させて、刻みに戻りたい。秋の伐採を本格的にやれば、薪はなんとかなるだろう。それから、刻みの前に、踏板工事を完了させないといけない。
  

2018/5/6(sun)
昨日、帯広へ

 母を連れだして買い物、レストランなど。歩くとすぐに疲れるようなので、次回は車いすに乗せようと思う。おだやかな時間。
 夕方、中山さんのところへ。匂坂さんのところにも寄ってみたが、留守だった。中山さんのお父さんの家の向かい、という偶然。
 純君が旅から帰っていたので、中山さんのところで合流。これから仕事でサハリンへ行くらしい。
 中山さんと、小川国夫、島尾敏夫の話など。佐藤泰志と喜美子さんと3人で小川国夫の講演を聴きに行ったことを思い出して、「国学院で小川国夫の講演があって」と言ったら、「あれはわたしがやったんです」と中山さん。どんどん、つながりが伸びていって、驚き。ふだんは文学の話をする機会がほとんどないのだそうだ。いい話相手になれたかもしれない。
 中山さんは体調があまりよくなかったようで、わたしは全然気づかず、長居をして申し訳ないことをした。次回は、弟子屈でゆっくり話したい。大住さんも一緒に。
 奥さんも娘さんも、コーヒーを喜んでくれたので、そのうちまた送ろうと思う。
 夜、9時過ぎに出て、12時過ぎに帰宅。途中、眠くならなかった。
 

山へ

 行者ニンニクを採ってきた。伊藤さんとこに送るので、根付き。崖の崩れそうなところのものを主に。大きくなっているものもあるが、まだ出ていないところもあるような気がする。
 エゾエンゴサクが咲いていた。

2018/5/4(fri)
薪割り

 山へ、行者ニンニクが出ていないかどうか見に行く。いつもの場所はまだ早い。
 帰り、踏み台つくりの寸法を測ってくる。前に測ったのをどこかに紛失してしまったから。
 おがわさんとこに寄って、枯れ木の伐採の打ち合わせ。おんこの木を伐って欲しいらしい。根っ子も掘り起こすので、思ったより大変な仕事。
 午後、掘っ立て基礎の丸太を90センチに伐って、皮むき。踏板の納め方をまだ決めていない。これも、早くやってしまわないと、大工仕事に遅れがでる。
 そのあと、薪割り。まだまだ。
 中山さんに電話。明日、帯広に行くので、夜、時間をとってもらうことになった。おおすみさんも来られるといいのだが。
 秋吉さんに電話して、糀と大豆の注文をお願いした。やっぱり味噌をつくっておこうと思う。

2018/5/3(thu)
チェンソーの一日

 刃の替えがあるかどうかなど調べていたら、日が暮れてしまった。雨模様だったので、休日にする。
 刃はオレゴンもスティールも手に入るようだ。連休明けに注文するつもり。やすりの太さも確認したので、一緒に注文する。
 夕方から、部屋のかたづけ、大豆の殻とりなど。

2018/5/2(wed)
チェンソー修理終了

 朝、原稿送って、ほっとする。明日から、みちおさんの原稿にかかる予定。 
 昼前、生協へ。
 午後、河村さんのソファー運びのアルバイト。川湯まで。岡田さんを助手席に乗せて。
 帰り、ようやく修理が終わったチェンソーを受け取りに。無かった部品がなんとか手に入ってよかった。
 帰って、薪割り。チェンソーも使ってみたが、刃を砥がないといけない。やすりが5.5ミリらしいので、買わないといけない。55年4月、とあるのは、1955年4月だろうか。昭和55年4月だろうか。相当古いものであることは確か。

2018/5/1(tue)
伐採

 3本分、玉切りして運び終える。根元の大きいのは、軽トラまで転がして、かろうじて積み込んだ。
 吉田さんが重機に乗って、通りかかったので、挨拶。病気の話などする。これから肥料撒きで、牧草地に入るそうだ。わたしのところの道は狭くて荒れているので、ほとんど通らないそうだ。通って欲しいのだが、仕方がない。
 靴をチェンソーで切ってしまった。1センチほどずれていたら、足の指が危なかった。油断。やはり安全靴を買わないとダメか。
 
 
 



BACK


エース