[HOME]

雑記録


2018年12月

2018/12/18(tue)
小作業

 窓枠つくりなど。一日で終えるつもりだったが、終わらず。
 田村さんが散歩の途中で立ち寄ってくれて、作業小屋で立ち話。
 大豆の殻むきをまた少し。いい種が少ない。種取りと真剣に取り組まないといけない。小林さんの大豆を里子にもらわないとだめかも知れない。
 夜、和彦ちゃんと長話。

2018/12/17(mon)
プレゼント郵送

 ようやく完成。郵便局へ。精油も入れて、香水と書いたら、引っかかった。アルコール度数60パーセント以下の香水はないのだそうだ。当然、郵送できない。それで、精油で1パーセントでと説明して、書き直してもらった。
 慌ててサンダーかけなどやったせいか、首が痛くなった。が、体操でなんとか回復。
 屋根の雪おろし少し。
 従兄弟が今日、仙台から足寄の叔母の家に来たのだが、水道など凍って、修理も追いつかず、来春の自然解凍まで待ってから修理してもらうことになったそうだ。すぐにまた仙台に帰るそうだ。来春まで足寄に滞在する予定だったのだが、油断。地元の人間じゃないとつい油断する。

2018/12/16(sun)
仕上げ

 接着を一個忘れたので、完成が一日遅れる。今日もひたすらサンダーかけ。
 冬のあいだに一年分のプレゼントを作っておくといいかも知れない。
 夕方、鉛筆と消しゴムを買いに行く。筆箱に入れるため。
 これからまた仕上げの作業。
 今日は暖かい。−1度。
 

2018/12/15(sat)
プレゼントつくり

 接着に時間がかかってあまり進まず。
 昼前、小林さんがログろうそくを取りにきた。二三本、追加でチェソーで削ってあげる。ストーブをつけたばかりの作業小屋で立ち話。
 午後、また接着など。小さいクランプが足りない。
 暗くなって、プレゼント用の蝶番を買いに行く。もっと準備万端で作らないとだめだなと思う。
 

プレゼントつくり

 ひたすらサンダーかけ。明日には完成する予定だが。
 笠井さん、半田さんとこにちょっと顔を出す。
 夕方、河村さんがカステラを持ってきてくれた。
 ゲラ校正開始。

2018/12/13(thu)
原稿送る

 午後、洗濯など家事をしてから、プレゼント作り。
 4時、昭栄小学校へ。ネオンの点灯式に行く。4時頃から10時ころまで毎晩、点灯するそうだ。賑やかになる。
 帰ってから、接着の続きをやって、雪かき。河村さんが来る。
 寒さ続いて、まきの消費が激しい。わたしの部屋は燃やしっぱなし。土間は食事をするのでちょろちょろと。風呂は茶碗洗いと風呂に入るとき。作業小屋は作業をするあいだ。端材薪をせっせと燃やす。薪つくりが暮らしの中心になる。
 
 
 

2018/12/12(wed)
昨日

 青木さん夫妻が来る。
 さっそく、大工の青木さんに、のみの研ぎをお願いした。快く引き受けてくれる。
 文学の話もする。若い人のこれからは楽しみだ。
 夜、8時半に寝て、翌朝、8時半まで布団のなかにいた。なんどか起きたけど。
 今日、生協。午後から孫のプレゼントつくり開始。今日が誕生日なので、ほんとはまずいのだが。締切を過ぎることが多い。

2018/12/10(mon)
昨晩、眠ってしまう

 壁張りのあと、秋吉さんとこで夕食をごちそうになる。帰ってきたら、ふたばの餌が空だった。眠って起きたら0時を過ぎていたので、夜中に家事など。いつものことではあるけれども。
 今朝、原稿。洗濯、薪運び、その他の雑仕事など。
 午後、2時近くなって、蒸留所へ。遅くなったので、壁張りはしないで、照明器具だけ取り付ける。道具を引き払う用意をしていたら、横田さんと酒巻さんが来たので、しばし雑談をする。
 帰りの道が危なかった。一回滑りかける。40キロくらいで走行。
 
 

2018/12/8(sat)
原稿

 午後、壁張りに行く。氷点下15度の世界になっているので、道は慎重に走る。
 臼田さんがわたしを追い抜いて、停まって、ユーターンの態勢になる。「どうしたの?」「鹿」「こんなとこで?」「そこの林で眠ってた」いい目をしている。そして撃ちに行った。
 壁の換気扇、取り付け完了。板は節約しようとして失敗。節約しないことにする。残業して帰る。
 わたしの書斎が冷気ですーすーするので、スタイロフォームを切って、壁際に回す。少しは効き目があるような気がする。絨毯も敷いた方がよさそうだ。
 22時22分。すでに18度まで下がっているので、夜中に−20度になりそうだ。

 

2018/12/7(fri)


 原稿。
 昼前に小降りになったので、仕事に行こうと思って、車庫の落としこみ戸を開けて車を出す。これがいちいち面倒くさい。
 雪がまた降り出して、おまけに途中で、免許証、財布、携帯、作業に必要なネジ類を忘れたことに気づく。秋吉さんちに卵を届けて、吹雪にならないうちに引き返す。
 帰ってきて、除雪機で地ならし。
 疲れてひと眠りする。
 夕食後、吹雪が収まってきたので、また除雪機を出す。全部手押しでやっていた時代を懐かしく思い出す。除雪機も万能ではない。
 
 

2018/12/6(thu)
原稿

 幹夫さんからメール。「原稿、そろそろいかがでしょうか」
 確認してみたら、締切がとっくに過ぎていた。慌てて整理にかかる。分量を半分に減らさないといけない。
 昼前、蒸留所へ。壁張り開始。のろのろとしか進まない。酒巻さんは蒸留の仕事。秋吉おとうさんが、枝の移動を手伝う。秋吉おかあさんも顔を出す。
 薄暗くなったので、終了。酒巻さんと、秋吉さんちでコーヒーをごちそうになる。弁当もつくってもらう。
 帰って、雪対策。ヘッドランプを点けて、車庫の落としこみ戸を閉め、防雪ネットをゴム紐で縛る。ブルーベリーの支柱を束ねる。薪にポリカの波板を被せて端材薪の重いのを載せる。ロープで縛るまではできなかった。
 

2018/12/5(wed)
地ならし

 生協へ。
 雨で地面が柔らなくなったので、急遽、地ならしをした。作業小屋の前まで軽トラが入っていけるように。
 ブルーベリーに竹の支柱を立てる。ぱおぱおだけだと、雪が積もって折れそうなので、支柱でしっかりさせる。帽子を被せるといいようなのだが、それは端折る。
 蒸留所へ、脚立など持って行く。今日から始めるつもりだったが、明日から。酒巻さんが作業をしていた。
 羽目板よりも、野地板を加工して張った方が、早くて安上がりだったかも知れない。その方が慣れているし。
 

2018/12/4(tue)
釧路へ

 原稿。半分に減らさないといけない。
 天気が崩れそうなので、作業に出るのをやめにして、釧路まで買い物に。ステンレスのフィニッシュネイルが欲しかったのだが、置いていない。防水木工ボンドも置いてない。しょうがないので、フィニッシュネイルはあきらめて、代替のボンドを買ってきた。
 とりあえず手持ちのネイルでやってみるつもりだが…。
 

2018/12/3(mon)
原稿

 そろそろ焦らないといけない。
 蒸留所へ、壁板を搬入。伊井さんもいたので、あれこれ立ち話。
 帰り、理髪店へ。
 戻って、スティールのチェンソーを持ってまた、井伊さんのところへ。伊井さんに使ってもらうことにした。伊井さんなら修理しながら使えるので。
 明日から壁張りにかかるつもりだが、何日かかるか。何日もかけたくないのだが。

2018/12/2(sun)
あれこれ

 薪小屋2の雪よけネット張り。途中まで。
 ブルーベリーの囲い。枝を束ねて、ぱおぱおで巻く。麻ひもでしばる。この冬囲いは以前、失敗している。風で飛ばされたのだ。気をつけて縛ったが、どうなるか。
 岡田さん、奈良のおみやげを持ってきてくれる。畑のことなど立ち話。釣りで忙しくて、畑は放置状態だったようだ。
 千葉さんが広報届けてくれる。
 夜、標茶まで、生協の注文用紙を届ける。ふたば用の階段の設計をする。実際に作ってみないと成功か否か分からない。
 たいした仕事をしていないのだが、それなりに疲労する。
 ふたばは足はほとんど治ってるみたいだが、餌を食べない。外出して疲れて帰ってくるので、なにかしてくるのだろう。近所で猫のおおきな声がしていたのは、ふたばと誰かかもしれない。
 

2018/12/1(sat)
釧路へ

 頼まれ仕事用の材が池田木材にあるのが分かったので、急遽、買いに行く。
 表面加工してあるので、裏だけ防腐黴止めを塗ろうと思う。が、いずれにしても、ひと仕事になってしまう。なるべく時間をかけたくないのだが。
 ブルーベリーの杭打ちをしたのだが、やり直す必要がある。方式変更。
 やりかけた防雪網張りも明日以降に延期。

 



BACK


エース