[HOME]

雑記録


2017年10月

2017/10/16(mon)
窓つけ終了

 一部、漆喰にするか、板張りにするか、ガラスにするかでまだ決まらず。とりあえず板を張って、次の作業に移ることにする。
 今朝も寝坊。寝るのが遅いせいもあるけれども、眠れるのはいいことだと思う。ふと目を覚ますと、ふたばが枕に寝ている、ということがよくある。ふたばもひとり暮らしが長くなっているので、友達を見つけてあげたいのだが。
 
 

2017/10/15(sun)
成田さんとこへ

 茶箪笥、いらないかい、という声がかかったので、もしかしたら古い箪笥かも知れないと期待して、見るだけ見にいくことにした。
 成田さんとこの近所の人のところ。しかし、普通の立派なリビングの茶箪笥で、いらないなあ、と思ったのだが、どうしても持っていって欲しいということなので、貰って帰ることにした。茶箪笥だけだと、わたしの得はないのだが、洒落たコーヒー茶碗と、洒落たタイルをひと箱もらえることになって、得をした。おまけに、まむしが一匹入っている、まむし焼酎も持たされた。誰か、貰ってくれる人がいるだろう。
 そんなわけで、午後は、車庫の整理をして、茶箪笥をなんとか収納した。ついでにいろいろ整理。
 というわけで、今日も風呂小屋の窓直しができなかった。
 

2017/10/14(sat)
朝寝坊

 二日続けて、朝寝坊をする。
 煙突の修正。支え金具を一本追加する。
 午後、山崎さんとこで、ピザパーティー。このあいだの伐採の慰労会。千葉さん夫妻、岡西さん夫妻と。
 千葉さんがこのあいだ運んだ丸太の年輪を数えたら、210と170くらいだったそうだ。200年立っていた木がこのあいだの風で倒れたことになる。
 千葉さんのログハウスを、岡西さんがまだ見たことがないというので、終わってから見に行く。太い丸太、大きな風呂にびっくりしていた。工作室の中も。
 帰ってから、砥石の直し。
 

 

2017/10/13(fri)
ストーブ設置完了

 さっそく薪を焚いてみた。煙突の調整をもう少ししなければならないが、暖は快調。
 河村さんが、まみさんの失敗作というパンを持ってきてくれた。なかなか難しいようだ。まみさんが、このところ疲れぎみに見えるのは、研究に没頭しているせいかもしれない。
 義明ちゃんたちは、標津で解散して、それぞれ帰路についたそうだ。知床の紅葉は一週間ほど前がピークだったらしい。

2017/10/12(thu)
ストーブ設置工事

 風呂小屋に。
 メガネ石がやはり大きすぎて重たい。それで、丸鋸で切断。刃が届かず、きれいに切れないので、鏨、とんかちなどで叩いて削る。
 そんな作業に時間がとられて、窓枠などの作業に取り掛かれなかった。作業小屋のなかも、粉だらけになってしまった。
 ストーブを設置すると、狭くなるが、暖かくなってくれそうだ。

2017/10/11(wed)
同級会

 道東の旅の途中、昔の同級生たちが寄ってくれた。義明ちゃん夫妻、工藤(旧姓)さん夫妻、澤田(旧姓)さん夫妻、田中さん(旧姓)。工藤さん、田中さんとはほぼ50年ぶりになる。
 狭い我が家で話しこみ、サングリアで話し込み、一旦別れて、プリンスホテルでまた話し込む。
 明日は知床まで行くそうだ。高校生のときから、仲良し四人組女子会は続いているという。知らなかった。
 またそのうち、遊びに来てくれるだろう。

2017/10/10(tue)
薪棚つくり

 小さいのを作った。棚を作ったので、ふたばの階段が置けなくなったので、小さくふたつに分けて設置しなおす。
 クルミの皮むき。手を出したら止まらなくなって、水道のところでじゃあじゃあ水を流しながら、腐った皮をむいた。
 余計な仕事だが、やらなければならない仕事でもある。
 大きなしいたけがなっているのを発見。ほかにもいくつか。榾木は諦めずに、きちんと管理すべし、と知る。河村さんのところに持っていく。明日の昼に食べてもらおうと思って。見せびらかしに行ってくる、と美恵子さんに言ったら、おとうさん、そういうとこあるよね、と言われる。わたしの遊びが多分、通じていないと思う。
 
 
 

2017/10/9(mon)
帯広へ

 母の部屋の椅子を直しに。ジョイフルでネジを仕入れていく。インパクトなどは持参。ネジの選択は正解だった。
 暗くなって義明ちゃんとこに着く。みんなが立ち寄ってくれるのは明日かと思っていたら、明後日だった。母の施設で、訪問者名簿に書き入れたときから、日付を間違えていた。
 実家に行き、美恵子さんを拾って帰る。
 昨夜、河村さんとこで、岡西さん、まみさん、めいてると。めいてる持参のチョコレートをいただき、岡西さんが釣った鮭のイクラをいただく。

2017/10/8(sun)
手伝い

 山崎さん、千葉さんと、ユニックで最後の搬送。
 手伝いはもう終了、となってくれるといいのだが。明日からとりあえず、風呂のストーブ設置工事。めがね石が重すぎたので、どうするか。作り直したくないし、かといって重いままだと、枠の強度が心配だし。
 
 

2017/10/7(sat)
煙突支え金具取り付け

 金具が二組しかないので、針金も使って補強。
 豆類の収穫。
 花豆、白あずき、枝豆。全部刈ったまではいいのだが、そのあとの作業を考えると気が重い。
 今日はとりあえず、白あずきの莢むきを終了させた。少量なので。
 明日は、山崎さんの手伝い。このあいだのつづき。

2017/10/6(fri)
支柱立て

 煙突の支柱を立てる。わたしの部屋と、風呂小屋の。
 わたしの部屋の煙突がすぐに傾くので、このままだと吹雪に耐えられないだろうと思って。
 久しぶりの穴掘り。
 夕方、花豆の収穫。霜寸前なので、凍る前に収穫することにした。夜、莢を割って、豆を取り出す。枯れているのは一部しかなくて、まだあおいけれども、実がちゃんとしていれば、来年の種に使える。白小豆の莢とりもした。枝豆ももう、全部刈り取らないといけないだろう。
 豆類の莢むきが大変だ。

 

2017/10/5(thu)
帯広へ

 母の指名で、美恵子さんも連れていく。三人乗れないので、タクシーで美術館、柳月などを回る。
 わたしは疲れていて、美恵子さんに母の相手をほぼ任せる。100年記念館でアイヌのコーナーを物色。
 母は満足だったようだ。
 すっかり暗くなってから、足寄へ。野津さんに挨拶に行ってから、美恵子さんを実家に降ろして、ひとりで帰る。
 ふたばの姿が見えず。シロの侵入の形跡はなし。
 

2017/10/4(wed)
山へ

 生活クラブ生協に行く時間まで、ひまわりの種ほぐし。冬の小鳥の餌のたしに。
 午後、山へ。煙突の支柱にする、細身で、まっすぐな木を伐りに。なかなかまっすぐなのがない。4メートルちょっとに伐って、軽トラに積んだら、だいぶ斜め上方にはみ出した。昼間、おおっぴらには走れないかも知れない。皮むきもする。
 珈琲タイムにしていたら、ちょうど小川さんがきたので、休憩時間延長。小川さんは土曜に東京に帰るそうだ。また来年。いずれは定住するつもりがあるらしいので、楽しみ。
 休憩を切り上げ、郵便局に行って、じゃがいもを娘に発送。
 雨が降り出したので、支柱立ては中止。
 
 
 

2017/10/3(tue)
発送

 発送前に、小物を追加でつくる。
 ストーブ設置工事に進めず。
 午後、郵便局、買い物など。
 夜、河村さん来て、冷凍庫に預かっていたカニ、エビと天ぷらで夕食。テレビで放送されたという人体の話を聞く。あきしちゃん経由の情報だそうだ。
 関心あり。河村さんに、コピーしてくれるようお願いする。

2017/10/2(mon)
完成

 桐油を塗って終了。明日、梱包の予定。ブックエンドも作ったが、大きな本には小さ過ぎたかも知れない。
 小林さん、久しぶりに来る。いろいろ忙しかったようだ。
 次にやらねばならないことがたくさんあって、なにから、が思いつかない。帯広にも行かないといけないし。
 

2017/10/1(sun)
伐採

 山崎さん、千葉さん、岡西さんと四人で。
 60センチ前後の伐倒木を180センチに切って、ユニックに積み込み、千葉さんとこまで搬送。わたしはチェンソー仕事。
 岡西さんとわたしは、4時頃までしか手伝えなかったので、あとが心配だが、仕方がない。
 夜、食事会。covoで。9人。そのあと、さなえちゃんとこで二次会。こちらも手作り料理をごちそうになる。楽しい集まりだった。
 
 



BACK


エース